世の中にはモノがあって 
モノを作り出すのは
自然であったり 人間であったり

現在 たくさんのモノが機械で製作されていますが
その機械も 元来は人間が作ったモノ

 自分の好きなモノ 誰かの役にたつモノ
1つ1つ 手でカバンやアクセサリーを作っているのは
何よりも IRREがモノを生み出すことが楽しいから

あなたにとっての素敵なモノが
IRREから見つけ出してもらえるとしたら
それはIRREにとって本当に幸せなこと

このカバンの中には何が入るのだろう
この指輪はどの指につけられるのだろう
この革はどんな風に成長していくのだろう

そんな事を考えながら

IRREが生み出すのは ≪製作という名の物語≫
そして その後に続くのは ≪使用という名の物語≫

2つの物語は 1冊の絵本のように
いつまでも残ることを願って